« 2022年1月 | トップページ | 2022年6月 »

2022年5月

2022年5月16日 (月)

県大会で勝つことは簡単ではない…。

関東大会県予選が、5月6日(金)に本庄市総合公園体育館で行われました。

 

結果は1回戦負け。

大宮南高校にフルセットで敗退しました。

2セット目、意地を見せて、デュースで勝ち取れたことは

収穫です。

 

しかし、生徒はまた悔し涙を流しました。

 

県大会はレベルが高く、1回戦を勝ち抜くのも大変なことだと痛感しました。

 

「試合で、自分たちの力を100%発揮する」ということが今の課題です。

それが難しいことはわかっていますが、不完全燃焼で終わってしまう試合が多いため

悔しさが残ります。

 

今回もメンタルの部分で自分やチームをコントロールできず、相手ではなく自分に負けている

という印象でした。

 

これからは、自信をつけるために練習をすること。

試合で100%が出せないのであれば、練習では100%以上のものを求めて練習するべきだと話をしました。

よく言いますが、「本番は練習のように、練習は本番のように」です。

私も工夫して指導する必要があると感じています。

今の選手にあった指導を探していかなければいけません。

 

試合の後の練習では、本気度が変わった顔つきをしており、一歩進んだことを確信しています。

 

秋草学園は、負けからも学び、強くなる!!!

6月中旬のインターハイ予選に向けて、全員が本気で練習に取り組み

雰囲気作りを見直します!

 

2022年5月 2日 (月)

関東予選春季地区大会 【第5位】 県大会へ続く…

 

しばらく投稿できておらず、申し訳ありませんでした。

大会の結果報告です。

 

年度が替わって初めての公式戦、春季西部地区大会が

4月23日(土)、24日(日)に行われました。

 

1回戦 vs 朝霞高校 25-17 25-20 ストレート勝ち

2回戦 vs 富士見高校 25-6 25-13 ストレート勝ち 【県大会出場決定】

準々決勝 vs 埼玉平成高校 17-25 17-25 ストレート負け

 

という内容で、第5位で終了しました。

県大会への出場権は得たものの、目標であった第3位にはなれませんでした。

 

4月から新一年生を迎え、(プレーヤー11名、マネージャー1名)

レギュラーの入れ替わりもあり、若いチームで戦いました。

 

最後の埼玉平成戦は、自分たちの力を出し切れずに終わってしまった感じで、

「ビビッているな」というのがこちらにも伝わりました。

まだまだ、ここから精神的にも技術的にも成長するチームだと信じています。

 

県大会は、ツーセッターの形で勝負します。

この連休には、私の母校である細田学園高校や、昨年常に県シード校だった正智深谷高校、

茨城県のシード校、常総高校など数々の名門学校との練習試合で良い経験を積ませてもらっています。

 

県大会は、6日(金)本庄総合公園体育館にて、

1回戦目 vs 大宮南高校

2回戦目 vs 狭山ヶ丘高校

との試合があります。1回戦目を勝ち抜き、狭山ヶ丘高校との試合で

どれだけ自分たちの力が発揮できるかが勝負です。

地区大会と同じ悔しさは味わいたくありません。チーム一丸となり、頑張ります!

 

 

 

« 2022年1月 | トップページ | 2022年6月 »